2014年07月11日

どうしても現状を今すぐ打破したいなら!!






よりはLGBTの認識は少し進んできたいる日本ですが、まだストレスを抱えずに暮らすことはできません

ね。今すぐ抜け出したいという方にこんなサービスを提供しているところを発見いたしました!!

どのような内容かといいますとこちらになります。
      ↓
ー自分が自分らしくいられる場所へー
アメリカで行われている支援の1つで、人道支援であるアサイラム(Asylum Status)
他の一般的な就労や学業、または結婚などとは異なる移民法のカテゴリで合法的なアメリカ滞在・永住権取得が可能となっているようなんです。
日本は様々な問題があり、住みづらい人にはとても大変な土地です。理由も様々で歴史的な背景や、カルチャー、新しく出てきた様々な社会的問題、タブーなど伝統的な問題など実はたくさんのことが日本では解決されていないのが現状です。
そのような中で思い切って、移民を考えて渡米していく人、人生一度きりだから・・・と自分らしさを求めてやってきます。アメリカの個人主義の憲法では、私たち日本人が普通だと考えている社会的な「住みづらさ」が問題になることもたくさんあります。
ビザ取得までの流れは、まず依頼者のバックグラウンドや環境にあわせ、担当弁護士が取得できるか判断をします。また、経験のある日本人スタッフがクライアントと弁護士の間でしっかりとブリッジすることも、日本人のビザ取得の鍵となります。言語やコミュニケーションの難しさや、知識の不足があれば、担当弁護士も対応が難しくなってしまうことはよくあります。弁護士に依頼する段階で、しっかりとしたビジョンをもってビザ取得までの戦略をたてることが大切です。依頼主一人ひとりのケースを人道的内容からカスタマイズし、弁護士、日本人スタッフ、依頼者で一団となりビザ取得の成功を目指します。
現在日本国内にいる日本人も、アサイラムステータスの対象になります
通常日本からアメリカに生活拠点を移す場合は、ビザ/ステータスを取得しますが、そのビザ/ステータスを維持・更新するために、様々な制約が発生します。
アサイラムステータスは、通常のビザ/ステータスに発生する学歴や職歴、肩書きなどの制限に関係なく合法的に取得することができます。また、ビザ/ステータス取得後の維持も、ある意味難しくないといえるでしょう。というのは、通常のビザ/ステータスは、延長・更新・切り替えのときに、移民局が既存のビザ/ステータス取得時と現在の個人の発展状況を審査しますので、常に発展していること、またはそのカテゴリーに自分がマッチしているということを絶えず示さなくてはなりません。またほとんどのビザ/ステータスには一定の年数で行こう期限が切れてしまいます。
しかし、アサイラムステータスは一番最初の申請時に私達と人道支援弁護士の強力なサポートの元、個々にあわせて適切な内容を整えて申請するため、その後の維持は、他のビザ/ステータスとは違い、当初の申請内容を継続していることを訴えます。全く種類の異なるタイプの維持方法ですが、世界中から提出されるビザ/ステータス申請から自分が申請希望のカテゴリーに適していることを証明するよりも、競争が少ないと言えます。
日本で生活が困難であるという正当な理由がある方に、私たちは日系では最初の特別な支援を行っております。アサイラムステータスの申し込みは、様々な状況化で日本国内での滞在に困難である、ということを論理的に主張し、アメリカという地で、安全に滞在するということが目的です。
個人の事情は、それぞれ異なりますが、一例としては、危険とみなされる個人・組織・団体の危害から避難する必要性に迫られている人々。同性愛(ゲイ・レズビアン)性同一性障害などの理由から社会的に差別を受けている人々。いじめ、差別、虐待、風俗、麻薬など特定のグループから抜け出したい人々。日本の文化的・伝統が逆に因習となってしまい、集団性を重んじる反面、個人の自由が尊重されず、結果として迫害につながってしまうケースなど様々な問題から、アメリカへの移民希望もアサイラムステータスのケースとして当てはまります。アメリカでは個人の自由、虐待、犯罪を敵視する気質があるため、文化的背景の強い日本では、私達が普通であると考えている内容も、「問題である」と重視される場合が多いです。
ゲイ、レズビアン、また暴力団から逃げたい人々を2006年から支援しております。日本が住みづらい・・・という理由がある方、個人主義のアメリカへ移住を真剣に考えている方をサポートいたします。
人道支援ステータスは、合法滞在で就労ができ、学校などにも通う得ますし、国民番号(Social Security Number)、アメリカの運転免許も取得できます。また、ケースが認められますと、永住権取得も可能です。

この会社の情報です。
    ↓
会社名 HIVIKI LLC
Web サイト www.AsylumStatus.com
本社所在地 (米国) 12333 1/2 Washington Blvd #338,
Los Angeles CA 90292
本社代表電話番号 (米国) +1 (323) 515-5782
Fax (米国) +1 (323) 938-0630
日本からのお問い合わせ電話番号
(日本からアメリカ直通) (050) 5545-5876
Fax (日本) (044) 330-1331


本当に追い詰められていたり、我慢が限界の人には最後の方法かもしれませんね。
言葉も違いますし文化も違うので最初の何年かは戸惑うことが多いと思いますがサポートしてくれるNPOも
数多くあるそうですので心強いですね!


posted by hirotasu at 07:26 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。