2014年05月01日

LGBT 〜続・歴史〜

日の続きになります。

・1903年、ニューヨーク警察がアメリカ合衆国で初めて「Ariston Hotel Baths」という場所を強制捜査、26人の男性が逮捕され12人がソドミーの罪で裁判にかけられた。このうち7人に4年から20年の懲役という判決が下った。

・1920年、ゲイという単語が同性愛者を指すものとして初めてアンダーグラウンドで用意られる。

・1922年、ソビエト連邦で発効した新しい刑法により公式に同性愛行為が非犯罪化される。

・1924年、アメリカで最初の同性愛者権利組織の人権協会がシカゴで創設。パナマ、パラグアイ、ペルーが同性愛を合法化。

・1930年、新しいデンマーク刑法が同性愛を非犯罪化する。

・1933年、ナチスが同性愛者の団体を禁止、同性愛者は強制収容所に送られる。ナチスはマグヌス・ヒルシュフェルトの性科学研究所の図書室を焼き払い研究所を破壊!
フィリピンで同性愛が非犯罪化。

・1934年、ウルグアイが同性愛を非犯罪化。

・1937年、ピンク・トライアングルがゲイの男性に対して初めてナチスの強制収容所で用いられる。

・1940年、アイスランドが同性愛を非犯罪化。

・1942年、スイスが同性愛を非犯罪化。

・1944年、スウェーデンが同性愛を非犯罪化。、スリナムが合法化。

・1945年、連合国軍によりナチスの強制収容所が解放されるが、そこに同性愛者を理由とした人々は自由にされなかった。

・1948年、デンマークで同性愛者団体「1948年連盟」が組織される。

・1950年、スウェーデンでレズビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー権利連合(RFSL)が創設。
ロサンゼルスでアメリカ初の同性愛者団体(マタシン協会)が創設。
アメリカ合衆国で190人が性的指向を理由に政府から解雇される!

・1951年、ギリシャが同性愛を非犯罪化。

・1952年、日本初の会員制のゲイ雑誌「アドニス」が創刊される。同誌は戦後初の男性同性愛サークル「アドニス会」が発行したもの。

・1954年、アラン・チューリングが生鮮中毒で死亡する。同性愛に対する処罰として1年間の保護観察処分を受け、性欲を減退させるホルモンの投与を受け始めて18か月後のこと。

・1956年、タイ王国で同性愛行為が非犯罪化。

・1958年、イギリスで同性愛法改革協会が創設される。

・1959年、日本の大阪で会員制の男性同性愛雑誌「同好」創刊、最盛期には会員が1000人を超えた。







今回は1900年〜1959年までを取り上げてみました。

1900年になると同性愛を非犯罪化、合法化する国が次々と出始め、団体も少しずつですができ始めてきた

ようです。日本でも同性愛の雑誌など創刊されるようになり認知され始めました。

今回はナチスが同性愛に対し厳しい対応を行っていたことを知りました。連合軍もナチスの強制収容所から解

放を行ったときも同性愛者の解放を行わなかった連合国の中でも賛否が別れていたのでしょうか?

歴史の話が続いてしまいますが僕自身勉強になるので2000年頃まで続けていこうと思います!




posted by hirotasu at 07:45 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。