2014年04月30日

LGBT  〜歴史〜

GBTという言葉は最近できたものですが同性愛は歴史上いつから確認されているのか調べてみました。

まずはかなり昔ですが


・紀元前2400年頃、エジプトもっとも古い同性カップルだと考えられているそうで名前は 
ニアンカーカーヌムとカーヌムホテップの男性カップルです。

・紀元前600年、レズビアンという用語が初めて使われたらしい。

・紀元前338年、150組の男性同性愛カップルで編成された精鋭部隊テーバイ。

・紀元前27年、ローマ帝国で同性結婚が史上初めて記録される。

・54年、ローマ皇帝が2人の男性と法的な儀式を行い結婚、1人は皇后と同じ栄誉を認められた。

・218年、ヘリオガバルス帝が運動選手の男性と結婚しローマ市民が祝う中豪華な儀式も行われた。

・342年、同性愛はあらゆる古代文化で人間の性の普通の部分として受け入れられていたがキリスト教が広まるにつれホモフォビアなるものが始まり、同性愛を禁じる初めての法令がキリスト教皇帝コンスタンティウス2世とコンスタンス1世によって配布される。

・390年、キリスト教徒の皇帝は同性間の性交は違法であり有罪のものは公衆の面前で生きたまま火炙りの刑にされると宣言。

・1000〜1100年、東ローマ帝国社会では同性結婚がよく知られており合法的であった。

・1000〜1100年、異性装があった、女性は厳しく純潔であることを期待されこのルールに違反すると厳しい罰があるため女性は人に会うことができなかった。このため少年愛が制度化された生活儀式が習慣的に行われた

・1250〜1300年、同性愛行為はヨーロッパの大半の国では合法的な行為から死刑をまねく行為へと変化

・1533年、ヘンリー8世がソドミー法というものを始動する。ソドミー法ではソドミーは子を産まない性行為と定義しこれを犯罪だと宣言していた。

・1649年、レズビアン行為に対して北アメリカで初の有罪判決がでる。

・1716年、日本で武士道の心得えの中で男色の作法「葉隠」が出される。

・1726年、ロンドンのモリ―・ハウス(同性愛者の出会いの場)で警察の強制捜査があり逮捕された男性は処刑された。

・1779年、アメリカ合衆国でバージニア刑法典の草案を準備、この草案ではソドミーの処罰は去勢にすることが構想されていたそうです。

・1791年、フランス革命政府がソドミーはもはや犯罪ではないとし西ヨーロッパで最初に合意した成人間の同性愛行為を非犯罪化した国になった!

・1795年、ルクセンブルクとトスカーナ大公国が同性愛行為を非犯罪化とする!

・1811年、オランダで非犯罪化!

・1813年、バイエルン王国が男性同士の性行為を非犯罪化!

・1830年、ブラジルが非犯罪化!

・1832年、ロシアが同性愛行為を5年以下のシベリア流刑に処する犯罪とする。

・1835年、ロシア帝国の支配下にあったポーランド立憲王国が同性愛を違法とする。

・1836年、イギリスで同性愛に対する最後の処刑が行われる。

・1852年、ポルトガルが非犯罪化!

・1880年、日本が同性愛行為の中で肛門性行為のみを違法としていたのを取りやめ、非犯罪化!

・1889年、イタリアで同性愛が合法化!

・1897年、イングランド初の同性愛者権利団体「カイロネイア団」を組織!







1900年代は次回また書かせていただきます!

大昔では当たり前でであり普通の生活おくれていたのにこの歴史を見る限りではキリスト教の影響で迫害が

始まったようです。LGBTと宗教は根深い問題がありそうです。

まさかキリスト教の普及がLGBTの問題に関わっていたとは思いもよりませんでした!

1700年の後半からは非犯罪化が広まり始めてきました。1900年からどうなっていくのでしょうか!








posted by hirotasu at 07:20 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。